21Novaカジノ日本語ガイド

21novaはブックメーカー企業ウィリアムヒル社が運営するカジノです。

21novaカジノ は、ウィリアムヒルカジノクラブを所有するイギリスのブックメーカー「William HILL PLC」が運営するプレイテック社のソフトウェアを使用したオンラインカジノで、2006年5月にオープンしました。21novaカジノクラブはウィリアムヒルの分家カジノで、カジノゲームを日本語を含む多言語で提供しています。かつて21novaカジノ もウィリアムヒル社が他社から買収したカジノで当時の名は「32VEGAS CASINO」という名前で運営されていました。しかし信頼性が低く2レッドカジノと酷似している事から後に32Red.Plcから訴えられ、今の「21NOVA」に名称変更したという経緯があります。

>>21Nova公式ホームページ<<

 

ウィリアムヒルはスポーツブックメーカーの店舗を展開する大手企業

21novaカジノを運営するウィリアムヒルはは15,000人以上の従業員を抱え、およそ2370店舗ものスポーツブックメーカーの店舗を展開する大手企業です。
現在、多数のチャネルにわたって賭けやゲームの機会をお客様に提供しており、店舗、オンライン(PC)、モバイル、電話など様々なスタイルでいつでも、どこでもプレイすることが可能になりました。ウィリアムヒル(WilliamHill)はロンドン証券取引所に上場しており、FTSE採用銘柄でもあります。

 

 

>>ブックメーカーウィリアムヒルの日本語のページ<<

 

21novaカジノの評判

21nova比較的新しいカジノですが、老舗のウィリアムヒルが運営というのが特徴のオンラインカジノ。多くのカジノファンが殺到したというのも有名です。

やはり、古くから愛されてやまないウィリアムヒルが経営するオンラインカジノなので魅力を感じてプレイしてみたいという気持ちになるのでしょう。イギリスのみならず世界各国で多くのユーザーがプレイを楽しんでいるのです。もちろん、日本でも多くのユーザーが存在します。
人気の理由はネームバリューだけではありません。臨場感あふれるカジノの雰囲気を感じさせてくれる数々のゲームが、どんどんリピーターを増やしているのです。

21novaカジノの特長

様々オンラインカジノ業者が提供しているカジノの中でも21novaカジノが提供するサービスの評判が高いです。そんな21novaカジノの特長をまとめました。

業界最高レベルの充実ボーナス

21novaカジノは初回入金ボーナスも320%と非常に高く、カジノ初心者でも初回から有利な状態で遊ぶことができます。また引き出し条件を満たす最低ベット額が決められていますが、21novaカジノでは入金額とボーナス額を合計した額の12倍と、他のオンラインカジノと比べて甘くなっているのが特長です。

ジャックポット付ゲームで高額賞金の獲得

21novaカジノにはジャックポット搭載のゲームが多数あります。21novaカジノでは2006年9月にアメリカのDianaBさんがジャックポットスロットのゴールドラリーで2060189$(約2億3千万円)の賞金を獲得しました。その時点で歴代最高ジャックポット金額の獲得になりとても注目をあびました。

高品質・高信頼性のカジノゲーム

21novaカジノのソフトウェアは3大カジノゲームメーカーの一つ、「プレイテック」のゲームシステムを採用しております。プレイテックのゲームと言えば、ハイクオリティでゲーム数が豊富で特にアイアンマン2やスパイダーマン等映画を題材としたスロットが人気です。更にマーベルジャックポットも搭載しており、高額の勝利が期待できます。

 


更新履歴